LCCって何?レガシーキャリアに比べて運賃が安い理由

- LCCって何?レガシーキャリアに比べて運賃が安い理由

LCCって何?レガシーキャリアに比べて運賃が安い理由

航空券は購入時期によって価格差が大きいですが、うまく利用すれば交通費を劇的に節約できる乗り物です。
数年前から日本でも多くの路線が導入され、その安さがニュースにもなっているローコストキャリア(LCC)とはいったい何なのでしょうか。

ロー(低い)コスト(運賃)キャリア(会社)

その名の通り、安い運賃で乗客を運ぶ航空会社のことを言います。
日本でも数年前からピーチ、ジェットスターなどのLCCが参入し、従来の航空会社で行われていたサービスを簡素化、運航の効率化、運航費用の削減することで格安航空券を提供しています。
被弾から飛行機を乗りこなしているという人は特に便利に感じるようですが、普段乗り慣れていない人は、手荷物の制限やサービスが最低限であるということから窮屈に感じる人もいるようです。

具体的にレガシーキャリアと何が違うのか

日本に昔からある航空会社のことをレガシーキャリアと言いますが、具体的にLCCはこのレガシーキャリアと何が違うのでしょうか。
大きな違いは機内サービスです。
レガシーキャリアではフライト中にお茶や軽食がサービスされることが多いですが、LCCは基本的にすべて有料となります。
また、映画を見るモニターや音楽を聴くためのヘッドフォンもなく、座席も狭いというのが当たり前であることを理解しておきましょう。
他には荷物の制限が非常に厳しくなっているのもLCCの特徴と言えます。
LCCはできるだけ多くの乗客を乗せて飛ぶからこそ、格安航空券でも利益を最大限に出すことができるようになっています。
荷物が重くて人が乗せられないとなると困るので、規定以上になる場合は追加料金が発生する場合はほとんどです。

使いこなせば便利この上ないLCC

制限はありますが、飛行機を移動手段としてだけ考えてサービスに関しては不要という人や、荷物が多くない人にはLCCは非常に便利なキャリアです。
個人の移動手段としてはLCC、家族旅行ではレガシーキャリアというように使い分けても良いかもしれませんね。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫