早割はいつの予約がお得?気をつけるべきことは何?

- 早割はいつの予約がお得?気をつけるべきことは何?

早割はいつの予約がお得?気をつけるべきことは何?

GWや夏休みなどの長期休暇の楽しみの一つに旅行があります。
せっかくの連休なので遠出したい!でも交通費がかさむ…と悩む人も多いと思いますが、交通費は工夫次第でかなり節約することができます。
特に遠出で飛行機を利用する人は格安航空券を使ったり、早割を使うとお得になることはご存知だと思いますが、いつの予約が最もお得になるのでしょうか。
また、早割を使う際に気をつけるべきことは何なのでしょう。

早割には種類がある!

早割といっても予約時期によって種類が違い、JAL航空券は75日前までに予約のウルトラ先得、55日前までのスーパー先得、45日前までの先得割引タイプB、28日までの先得割引タイプA、特便割引21の5つに分けることができ、ANA航空券であれば、旅割75、旅割55、旅割45、旅割28、旅割21の5つに分けることができます。
どちらでも割引の効く期間は同じです。
もちろん早ければ早いほど割引率が良いので最もお得に乗れるのはウルトラ先得、旅割75になります。
正規料金で2万円以上かかるところが1万円未満で乗れることもあり、予定が早く確定するのであればウルトラ先得を利用しない手はありません。

格安航空券と早割はどちらがお得?

どちらがお得なのか気になると思いますが、これは時期によって異なります。
長期休暇などの繁忙期は早割を利用したほうが比較的お得になり、閑散期は格安航空券の方がお得になりやすいという傾向はありますが、その都度サイトで比較した方が良さそうです。

いつから予約可能?

では最も早く飛行機を予約しようとすると、何日前から予約可能なのでしょうか。
JAL航空券でもANA航空券でも最も割引率の良いウルトラ先得、旅割75を狙うなら、予約可能になる4か月前にすぐに予約することをおすすめします。
例えば、12月25日に予約できる最も先のフライトは4月26日ということです。

先得、旅割を利用するときに気をつけるべきことは

先得や旅割を利用するときに気をつけるべきことは、予約をキャンセルしなければならなくなった場合です。
基本的に便の変更はできないと認識しておきましょう。
キャンセルする場合は手数料とキャンセル時期に応じたキャンセル料が発生します。
日程が近づくにつれてキャンセル料は上がりますので、予定がぎりぎりで変更しそうな場合は飛行機を利用すると損をしてしまうかもしれません。

  ≪ 前の記事: を読む